【若者の転職支援】「三年は続けなさい」なんて嘘っぱち

小論文

最初に

突然ですが、あなたは「とりあえず3年」って考えを知っていますか?僕は大学卒業後に入社した会社でこれを言われました。その前から親には「3年は続けなさい」と言われ、友達とも「とりあえず3年は続けんんとなあ」なんて話をしてはいたので素直に聞いていました。

でもこれは今の時代に適してないと思うんです。だって世の中ブラック企業だらけなんですよ?無理に3年もそんなところで働けなんていうから自殺者や過労者が出るんです。そこで僕は別の考えを提唱したいです。それはこちら

『研修期間にやめなさい』

研修期間にやめなさい

研修期間って?

研修期間というと、一般的には通常業務を行うために必要な準備期間のことをいいます。この期間中に新卒ならマナー研修、工場見学など、転職組は主に力量の確認、社内用語について説明などが行われます。

たまに試用期間と勘違いされている方がいらっしゃいますが、研修期間も雇用形態は正社員です。

 

ではなぜ研修期間に辞めた方がいいのか。理由は3つです。

  1. 会社は変わらない
  2. 退職金がもったいない
  3. 次が決まりやすい

1.会社は変わらない

例えばあなたは研修中に社風が合わないと思ったとします。それは今後ずっと続きます。会社は多くの人が長年かけて築いてきたもので、あなたがわからないような様々な要因の結果今となっているのです。だからそれがいきなり変わることなんてまずないです。そうなるともはやこの会社で続けていくには「あなたが変わること」しかないのです。でもそんなこと簡単に出来ないですよね。だから結果あなただけが疲弊していいます。そうやって擦り切れていくぐらいなら、あなたに合う会社を探すべきじゃないですか?世の中に会社は星の数ほどあるのですから、あなたとマッチする会社はきっとあるはずですよ。

2.退職金がもったいない

一般的な民間企業では勤続三年以上の社員が退職する場合、退職金が支払われます。そのため短いスパンで転職を繰り返すより、最後の企業で長く働くほうが長い目で見て特になります。

例えば5年の内に転職を二回したAさん(2年→1年→現在)とBさん(3ヶ月→半年→現在)がいたとした場合、今退職するとAさんは退職金がもらえませんがBさんは4年

3ヶ月分の退職金をもらえることになります。目安ですが30万から40万ほどでしょうか、これをもらえるのともらえないのでは全然違いますよね。もっと考えると人は約40年ほど働きますが、一社にずっといればその分だけ退職金がもらえます。2年で辞めても半年で辞めても退職金がもらえないのは同じですが、捨てる期間が違いますよね。どうせ捨てるなら短いほうがいいに決まってますよね。また退職金は年金などにも影響を与えます。そのためこれを繰り返していると後々大きな差が生まれてしまうのです。

ただし、退職金は義務ではないためない企業もあります。今あなたが働いている会社がどういう制度なのか調べておくことをお勧めします。

3.次が決まりやすい

これは意外と思われるかもしれませんが、本当です。もちろんなぜ短期間で辞めたのかの理由を説明出来なくてはいけませんが、それが出来ればデメリットはほぼありません。実際僕が面接官として面接をしたときにいた一人の青年は「聞いていた条件と違うため」という理由で半年未満で退職し、転職活動をしていると言っていました。このときこちらが提示している条件を違えなかったらこの人は長く働いてくれるかなとか考えましたね。要は理由さえわかればその程度のものなんですよ。

え?他のパターンはないのかって?わかりました、皆さんが一番聞きたいのは「合わなかった」で辞めたときにってことですよね。これもそこまで気にすることはないかと思います。採用する側は「うちの会社も合わなけりゃすぐ辞めてくれるだろう」と考えるからです。会社が一番困るのはなぜか辞めない社員です。会社の雰囲気は悪くなるし、かといってクビにすると色々問題出るし、扱いが大変なんです。でもこの手の人はすぐ辞めてくれるってことですよね。ま、いっかって感じで採用されることは十分にあり得ます。

最後に

いかがでしたか、実際僕は三か月で辞めて転職したことがあります。そのときは給料の条件が大きく違ったため入社一月ちょっとで退職願いを出して転職活動を行い、複数社から内定もいただいたことがあります。もちろん業種や理由に左右されますが、少なくとも短期間で辞めた経歴のせいで転職先がないなんてことはないとそこで気付きました。思い込みや根拠のない常識にとらわれすぎていたんですね。

 

最後に、ブラック企業で働かないことが一番ブラック企業を潰せる行動です。皆さんの勇気ある決断をお願いします。 つばきちでした。

タイトルとURLをコピーしました